社会福祉法人 アイリス康友会 曽師保育所 社会福祉法人 アイリス康友会 曽師保育所 社会福祉法人 アイリス康友会 曽師保育所 社会福祉法人 アイリス康友会 曽師保育所
背景/保育所玄関脇壁画より 津江克美先生作
保育所へのアクセス
保育所の概要
行事カレンダー
育児方針
保育所の給食
園歌・園旗
保育所のニュース
ギャラリー
うたのひろば
施設長のご挨拶

■BGMをコントロールする■
2021年1月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
こんにちわ
過去の『こんにちは』はこちらから ►  

記事一覧

2020年03月11日(水)15時08分

子どもにとっておばけとは?〜実践記録〜 

1.はじめに
 4月に2歳児クラス9名がスタートし、園庭で遊んでいると由香ちゃん(仮名2歳7ヶ月)が、フェンス越しに外の薄暗い竹藪の方を見ていました。何を見ているのか気になり傍に行き「何が見えるの?」と聞くと「おばけがいるよ」と言っていました。 
 その後も竹藪を見て「おばけがいる」と何度も言っていたので、子どもにとっておばけはどんなものだろうと興味を持ちました。私にとっておばけは「怖いもの」という印象があります。本当に子どもたちにとっても怖いものなのでしょうか?

2.おばけのしわざ  
 この事をきっかけに子ども達の日頃の様子を観察していると、色んな事を「おばけのしわざ」にしている事がありました。ある日部屋の鏡が曇っていることに子どもたちが気付き「おばけがした」と言ったり、保育士が「はさみがない」と言いながら探していると「おばけがしたっちゃない」と言ったり、2階に上がる時階段が結露していると、それに触り「ぬれてる。おばけがしたっちゃ」と言ったりしていました。その他、年間を通じて、壁の落書き、カップが風で転がる、テレビが映らない、オルガンがならない、タライが風で飛ばされる、窓ガラスに貼っていたセロファンが無くなる。
 ある時タライに張った水が天井に反射しキラキラと映っていると、大騒動していました。そのたび子どもたちと楽しんでいる自分がいました。

3.おばけをつくりました
①保育士が作ったおばけ
・ 黒い丸・・・・・・・・・「おばけの家」と言って壁に黒画用紙を大中小丸く切っ
            たものを壁に貼りました。
・ ポリ袋・・・・・・・・・黒、ピンク、青、緑、黄色のポリ袋に空気を入れて「お
            ばけを連れてきたよ」と言って見せ、触ったり、天井か
            ら吊るしたりしました。
・ FAXのインクリボン・・長さ30mくらいのものを天井や壁、至るところに張り
            めぐらし、「おばけの道だよ」と言いながら子どもたち
            の目の前で作ってみせました。
             子どもたちはクモの巣のようになった道を見て大喜び
             しました。

②自分のおばけ
 小さなビニール袋を使ってそれぞれのおばけを作りました。「おばけのお目々はいくつある?」と聞くと「2つ」と言いその後「お口」「お鼻が長い」と言いながら描いたり、ちぎった折り紙を貼ったり、それぞれ自分たちのおばけが出来ました。

③みんなで大きなおばけをつくりました。
 「みんなで大きなおばけをつくってみない?」と声を掛け、大きなポリ袋を準備し、子どもたちの話を聞きながら作っていきました。
 保育士「お目々はいくつある?大きい?小さい?」子ども4人「大き~ぃ」 子ども3人「小さ~ぃ」
 保育士「お目々は2つ?」子ども全員「うん」
 保育士「お口はある?」子ども「大き~ぃの」
 保育士「いくつ?」子ども全員「いっこ」
 保育士「お鼻はある?」子ども 「おおき~ぃの」
 保育士「1つ?」子ども「うん」
 保育士「耳は?」子ども全員「ある~」
 保育士「何色?」子ども「黄色」
 保育士「どこに貼ると?いくつ?」 子ども「ここ」と指を指す
 保育士「いっこ?」 子ども「もう1コ、ここやが」と反対側を指す
 保育士「あと何があるか?足は?手は?あるか?」子ども全員「ある~」
 保育士「足は?」子ども「大き~ぃ」
 保育士「いくつ?」子ども「2つ」
 保育士「わかった。お手々はいくつ?」子ども「2つ」
 保育士「あと何がある?」子ども「よーふく。オレンジのこんなの」と手で丸を作る
 保育士「どこにつけると?」子ども「お手々のところ」
 保育士「これでいい?」子ども「うん」
 保育士「これ何?洋服?」子ども「うん」
 出来上がった物を見せる。
 保育士「これでいい?」子ども全員「うん」
  子どもたちと楽しい会話の中で出来上がったお化けは新聞紙(足)や色画用紙を透けたポリ袋に貼りつけて膨らまし、目、鼻、口、耳、そして手、足のついた人間に近い物でした。(図参照)

4.おばけは友だち
 おばけは子どもたちにとって友だちとなり、何かをされたり、してあげたり、実際にいるのではないかと感じたこともありました。みんなで作ったおばけと一緒にテレビを見たり、体育あそびに参加したりしました。クリスマス会では「てぶくろ」(ウクライナ民話)の劇をし、その中にもポリ袋のおばけは、ごく当然のように参加して一役担いました。

5.おわりに
 「おばけ」とは「お化け」の事で狐、狸、猫などが化けて怪しい姿をしたものや普通では考えられないことをするものとされている事が多く、怖いものと意識されているように思われます。子どもたちの姿を見ていると不思議な物や出来事がおばけだったり、おばけがしたことだと感じている事を知りました。そこに大人の抱いている「怖い」という感情は含まれておらず、むしろ楽しみに感じていることに気付きました。私たち大人にとっておばけは「怖いもの」というイメージで子どもたちに接している為、子どもたちにとっても「怖いもの」となってしまうのではないでしょうか。けれど子どものように純粋な気持ちで接すればおばけは友だちなのでしょうね。
                                  2歳児担任 川畑かおり


図参照
ファイル 90-1.jpg$
         みんなで作ったビニールのおばけ
         透明ビニール袋 ヨコ650×タテ500×厚さ0.025

ファイル 90-2.jpg$

2020年02月07日(金)16時14分

微笑み

先生ありがとう
 車のおもちゃを弘ちゃん(仮名・6ヶ月)の方へ保育士が走らせると嬉しそうに目で追っていました。車がそばで止まり、手を伸ばすも、うまく車を掴むことができず触った反動で走り出しベッドの下に入ってしまいました。まだベッドの下をくぐることができない弘ちゃんは柵の間から手を伸ばして取ろうとしていました。やっと車に手が届いたかと思うと走り出してしまう…の繰り返しでそのうちとても真剣な表情へと変わっていき…遂に届かないところにまで車は走っていってしまいました。見つめることしかできない弘ちゃんの姿を見て、少し車を押してベッドの下から出してあげることにしました。車が動き出すと、はっとしては保育士と車を交互に見て勢いよく這い這いで追いかけて行きました。そしてとっても嬉しそうな笑顔をして車を抱きしめていました。
 
お友だち同士
・お昼寝の時間に目が覚め「おはよう」と声をかけ優しく胸を撫でていると雅人ちゃん(仮名・10ヶ月)小さな声で泣き出してしまいました。そうしているとあきこちゃん(仮名・9ヶ月)が起き大きな声で泣きだしてしまいました。とっさにそのお友だちのそばへ行くと雅人ちゃんも泣き出してしまいどうしようかと思っていると近くで遊んでいた未央ちゃん(仮名・7ヶ月)が雅人ちゃんの隣に来て顔を覗き込みながら微笑みかけていました。すると、泣き止んで次の瞬間にはお友だち同士笑い合っていました。

・雅人ちゃんが1歳になった頃…新しいお友達(11ヶ月)が入所しました。そのお友達が登所しお父さんから離れる時に泣いてしまいしばらく保育士に抱っこされていました。すると遊んでいた雅人ちゃんが近づいて来て微笑みかけてくれたのです。お友達は泣き止み雅人ちゃんの顔を見つめていました。以前まではお友だちにしてもらう側であったのに、いつのまにか同じことを誰かにしてあげられる様になっていました。
大人にとって子どもの笑顔というものは暖かい気持ちにさせてくれるかけがえのないもの。それは子ども同士でも変わらない素敵なものということをこの時に改めて感じました。

見守られて
子どもの背丈よりも高い机で保育士がお帳面の記入をしていると、机の端にちょこんとおじゃみが乗り、横目に見つつ続けていると、おじゃみを握る手先が見えもう一つちょこん。見下ろすと次のおじゃみを取りに行くかえでちゃん(仮名・1歳2ヶ月)の姿があり思わず顔がほころびました。3つ目を机に置いた時にかえでちゃんの手を握り「かえでちゃーん」と言い抱き上げると「気づかれた!」というかの様に「キャッキャッ」と笑い出しました。しばらく遊んでその後記入を再開すると、「キャハッ」と笑いながら10個以上ものおじゃみを又机の上に並べていましたよ。
 
コメント
 職員の出勤時間のローテンションにより、今朝は10時です。赤ちゃんたちに、「おはよう」と挨拶。つぶらな黒い瞳が私に返ってきます。そして、「元気?」「げんきですよ」と、お互いに微笑みを交わします。目は心の窓。子どもたちに、笑顔を届けたいと思います。
                              0歳児担任 猪原祐香  

2020年01月14日(火)09時41分

最後の芋掘り

ファイル 88-1.jpg$
            「おイモとったよ」と、得意げなポーズ

ファイル 88-2.jpg$
            イモの塊をあの手この手で苦労

ファイル 88-3.jpg$
      「いっぱい獲れたよ」。1〜2歳児と篠原さん(向って右)


 30年間余り続いた芋掘りの日。晴天。
イモ畑を前にして、どうしようかと佇んでいた伊織ちゃん(3歳1ヶ月)。
近くにいた私に「おいもとってくるね」と言って畑を歩き回り、「とったよ」と、見せに来る。小さくて可愛いいも。
写真を撮ってとポーズをする。両手を広げて足をピンとあげ、左手にかわいいイモ。集荷場に置くと、また小さくて可愛いいいも、そしてポーズ。

 すぐ近くに、イモの頭がとびだしている。「伊織ちゃん、ここにおイモあるよ」と知らせると、そこへ行き、屈んで、とても大きいイモの頭に触れてみる。撫でているがとれない。
どうするかなぁと見守る。
工夫してまわりの土を指で払い始める。
「大きいイモ、とれるかな」と励ます。
そこには一個だけではなく二個、三個の塊。
次には、指先から手のひらを使って、土のとり除く作業。「おもい、おもい(重い)」と言いながら。
場所を変え、両手で土を掘り起こし、蔓が見えてくると「よいしょ」と引っ張り、尻もち。
それでも挑戦。ひとり舞台。
そこへ保育士が「ここを握って」とアドバイス。お友達も寄ってきて、つながった二個の大きいイモを掘りあげる。その間10分足らず。
やり遂げて満足げな伊織ちゃん。

 それからイモ畑のつるを頼りに「あった?」「たぶん」と私との間で会話が成り立つ。
蔓が見つからなければ、土を掘ってみる作業。繰り返し、繰り返し。

「おイモたくさん、とってきてね」と親に言われているとのこと。

 シートに集められたイモが、散らばっていると、きれいにまとめている。
最後の最後まで働いた伊織ちゃん。他のお友だちも生き生きしていた。
帰りは、長いイモ蔓にそれぞれ捕まって、いざ保育所へ歩いて帰る。

 篠原さん、長い間イモ畑を提供してくださりありがとうございました。
三時のおやつ時蒸して頂きました。ふかふかして甘かった。
 篠原さん曰く「子どもさんたちの元気な姿に励まされてきました。こちらこそありがとうございました」。また、畑の横の道を通る時、「ここでお芋掘りしたがね」と、親子の会話が聞かれますと。
                       2019.11.14     写真&文 猪俣美智子

このサイトはInternet Explorer 5.0、またはNetscape Navigator 7.0以上のバージョンでご覧ください。
当サイトのテキストおよび画像の無断転載、再配布などはおやめください。
Copyright (C) 2005 曽師保育所 All Rights Reserved.