社会福祉法人 アイリス康友会 曽師保育所 社会福祉法人 アイリス康友会 曽師保育所 社会福祉法人 アイリス康友会 曽師保育所 社会福祉法人 アイリス康友会 曽師保育所
背景/保育所玄関脇壁画より 津江克美先生作
保育所へのアクセス
保育所の概要
行事カレンダー
育児方針
保育所の給食
園歌・園旗
保育所のニュース
ギャラリー
うたのひろば
施設長のご挨拶

■BGMをコントロールする■
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
- - - - - - -
こんにちわ
過去の『こんにちは』はこちらから ►  

記事一覧

2017年12月31日(日)11時58分

あけましておめでとうございます

明るく幸せな一年でありますようお祈りいたします。

         2018年 元旦

2017年12月25日(月)13時16分

世界一大きなクリスマスツリー

ファイル 60-1.jpg$

      おぉ あすなろ あすなろの樹よ
      「あす」はヒノキに「なろ」うと 希望を抱く
      あすなろ あすなろの樹よ

      神戸開港150年 メリケンパーク
      樹齢150年 全長30mのあすなろの樹
      世界一大きなクリスマスツリー

      ツリーのイルミネーションは
      メッセージ型の 反射材でできたオーナメント
      未来への夢や希望を書き込む
      100万人のメッセージカード
      ロープに結わえてひるがえる
      わたしは
      「曽師っ子たちの夢が叶いますように」と

      「希望の色」にライトアップされて
      夜空に浮かぶ
      世界一大きなクリスマスツリー
      あすなろの樹よ
                   2017.12.10 写真/宮崎康子 詩/猪俣美智子

2017年12月12日(火)14時00分

お芋のおじちゃん

ファイル 59-1.jpg$

 今年も近くの畑で芋ほりをしました。例年に変わらずおいしい芋です。芋のツルを少し残して、引きながら掘っていきます。小さな手で一所懸命。「あったよ、ほら」と保育士に見せます。
 そのような姿を写真に撮っていると、「ほら、大きいの、小さいの」と言って、目の前にぶら下げて見せに来たのは、まさとちゃん(3歳0ヶ月)。「あら、ほんとだね。良くわかるね」と感心すると、すたすたと、畑にもどり、しばらくして又、「中くらい」と言って、持ってきました。なるほど先の芋に比べて中くらいの大きさです。またまた感心する。
 担任保育士にそのことを報告すると、イギリス民話『3びきのくま』(株:金の星社)の読み聞かせをしたからでしょうとのこと。改めて読んでみる。大中小がしっかり強調してある。大中小の熊を芋に置き換えることができたまさとちゃんと絵本の力に感じ入りました。
 子どもたちは3時のおやつに蒸かした芋を、いつもよりたくさん食べていました。「おいもほり、たのしかったね」とは、1歳児のクラスの子。
 芋ほりを楽しむ子どもたちを、微笑みながら見守ってくれる、お芋のおじちゃん、今年もありがとう! 
                                 写真/文 猪俣美智子

このサイトはInternet Explorer 5.0、またはNetscape Navigator 7.0以上のバージョンでご覧ください。
当サイトのテキストおよび画像の無断転載、再配布などはおやめください。
Copyright (C) 2005 曽師保育所 All Rights Reserved.